本日も一服

雑だけどややていねいに見える日常を綴る。海辺とおいしいごはんと読書。そしてログ用のブログです。

家探しの迷宮1(街とエリア探し)

つい最近まで、家を探していました。

地元エリアを愛しているのと、家庭の事情で家にいましたが、いい加減大丈夫だろうということで、探すことにして、不動産サイトにアクセス!

なに?この魔窟(゚Д゚;)

楽しいけど、情報量と質は売り手優位かつ、検索結果はアフィリエイトが浸透しており玉石混交なので、カロリーを使います。

他の方のアドバイスも踏まえ行った手順。

  1. 自分のキャッシュフローを見直し予算を決める。(月収で安心して出せる家賃)
  2. 住みたい街の条件を決める。(私の場合はタワマン+ショッピングモールになっておらず商店街が元気で会社までアクセスも良い街や文教エリア)
  3. 候補エリアを絞り込む。(親しみのあるエリアや良く行く街を中心に路線図が便利)
  4. 平日の20:00以降行ってみる。(独身女性が大量に降りてくるとか)
  5. 複数路線乗り入れの場合はどちらの沿線がベストか決める。(鉄道会社によって街づくりが違っていて私は東急沿線が好き…)
  6. 不動産サイトで条件に合う物件を探し、絞り込む。(ミニマリスト自称しててもオードリー春日の昔の家みたいなのは避ける)
  7. 大島てるで事故が無いか見る(自然死や病死以外が集中してる謎地域とかある)
  8. airbnbと中国系民泊サイトに載ってないか調べる。(民泊自体は罪が無いが人の出入りが多いと安全は管理されてないのと同じ)
  9. 担当仲介業者を絞り込む。(そのエリアに物件数を持っているか、親しき仲の顔をたてるか)
  10. 街に行く。仲介業者に立ち寄って女性ひとり客にも親切か見る。(見込み客じゃない=合う物件がない)

でしょうか。

これらのプロセスを経て、物件探しに移りました。