本日も一服

雑だけどややていねいに見える日常を綴る。海辺とおいしいごはんと読書。そしてログ用のブログです。

引越後の選挙権は、どうなるのか?

私は引越しにより、8月に東京都民になりました。

つまり、今回の10月の衆院選では東京都内では投票ができないのです。

せっかくマック赤坂に投票できると思ったのに…。

※何と…『立候補』という映画も作られています。

映画「立候補」 [DVD]

映画「立候補」 [DVD]

 

 

そこで、調べてみました。

引越し後3ヶ月の投票権はあるのか?

www.senkyo.metro.tokyo.jp

投票は、選挙人名簿に登録されていることが前提です。
引越しをした場合は、転入届をした後3ヶ月以上住み続けることで転入先の区市町村選挙人名簿に登録され投票ができるようになります。
それまでの間は、選挙の種類によって投票できる場合が異なります。

だそうです。

  1. 国政選挙の場合・・・国内なら原則として旧住所地の区市町村で投票可能。
  2. 都道府県選挙の場合・・・同一都道府県内なら可。またいだ場合は不可。
  3. 区市町村選挙の場合・・・同一都区市町村内なら可。またいだ場合は不可。

ということになります。

海外に引っ越したら投票できるのか?

  • 在外投票・・・事前に「在外選挙人証」を貰う必要がある。在外公館や郵便による投票、帰国投票が認められています。あくまで元の市区町村が対象。

ズルができないように厳しく制度がもうけられているのは知っていても、

私達現代人のライフスタイルには合わないですね。

転居前後でマイナンバーカードの切り替えをすぐやっているのにね。

というわけで、引越し前の神奈川県で投票することになりそうです。