本日も一服

雑だけどややていねいに見える日常を綴る。海辺とおいしいごはんと読書。そしてログ用のブログです。

アイスとニッチで熱狂的なファンの話

先日、私のタイムラインが一瞬アイスクリームに溢れました。

インスタ映え的なカラフルなアイスではありません。

 

この「業務用ハーゲンダッツを注文した人の話」で、です。

www.buzzfeed.com

 

こうやって見てみると、2Lって量は…

いかつい…。

アイスクリームの海のようだ。

 

でも、みんなで楽しむのにはぴったりです。

 

私、子どもがいたら、ホームパーティをこれで乗り切る母親だったはず…と思ってしまうくらい、トッピングが非常に楽しい。

・缶詰のみかんでフルーツポンチ風

・缶詰の白桃を半分に切った中に詰めてピーチメルバ風

・バナナとチョコレートシロップでパフェ風

・きな粉と黒蜜で桔梗信玄餅

・シリアルの真ん中にアイスを載せてコールドシリアル風

とか、とか。色々できますね!

 

小さい頃かき氷とかポップコーンでもやってもらった記憶があります。

 

ちなみに、アイスクリームは賞味期限がない長持ち食品です。

www.lotte.co.jp

 

冷蔵庫に余裕があれば、業務用をちびちびスクープですくって食べたり、お友達が来たときにデザートとして出しても良いと思います。

 

さて、同じアイスクリームですが、ニッチで熱狂的なファンがいるケースもあります。

 

10年連続最下位のサーティーワンの大納言小豆。

www.news-postseven.com

 

この「大納言小豆」は、人気は最下位でも、他商品と味が差別化されているのか、

ものすごく根強いファンがいて、ジワジワ売れるから残っている商品の一つです。

なんて企業泣かせなんだwと笑っている場合ではなく、

実は、今の勤め先のカフェテリアにも、

「ニッチで熱狂的なファン」が買い支えているパンが、2種類あります。

 

ポンデケージョ

f:id:weekendteatime:20170906140251j:image 

トルティーヤ

 f:id:weekendteatime:20170906140305j:image

 です。

(美しい写真でなくてすみません)

どんな人が買っているか、作っている方に聞いたら、

「いつも買うのは、だいたい8~10人くらい」だそうです。

しかもその人達がカフェテリアに行かない日(外出や出張)は、売れ残るらしい。

 

1000人以上出入りする場所で、明らかにニッチな奴らなんですが、

驚くべきことに、その内の何人かが顔見知りな上に、割と特殊な仕事をしていて人数が少ない部署の人が多い。。人材もニッチだった。

 

こ…これは、類は友を呼ぶという現象だろうか…。

 

何より、お互いに同じ商品を握りしめながら、会計時に、

「焼いたよ!って流れるLINEグループがあったら、我々買い支えます」と口走るレベルに、

私達はポンデケージョトルティーヤを愛しています。

 

チーズが濃厚で美味しいんですよね!

本当は毎日食べる仲間が増えて欲しい!

 

大納言小豆と同じ現象が身近に起きていて、

自分も「ニッチで熱狂的なファン」の一人なんだなと感じた出来事でした。