本日も一服

雑だけどややていねいに見える日常を綴る。海辺とおいしいごはんと読書。そしてログ用のブログです。

家探しの迷宮2(譲れない条件は?)

前回、街を絞り込んだら、

今度は本丸である「生活の質」に突っ込みます。

 

QOLQOL

そう、クォリティ・オブ・ライフについて!

自分の要望を書きだしていき、譲れる部分を見つけ、妥協していきます。 

  1. IHか?ガスコンロか?
  2. コンロは1口か?2口以上か?
  3. 室内洗濯機置き場か?ベランダか?
  4. バストイレ別か?ユニットバスか?
  5. 1LDKか?1Kか?1Rか?
  6. 広さは?最低限何平方メートル必要か?
  7. 駅からの距離は?徒歩何分までOKか?
  8. 1階でいいか?2階以上か?
  9. モニター付きドアホンか?
  10. オートロックか?
  11. 築年数は何年までOKか?

が主なポイントです。

首都圏にある実家から出る人は、

グッと生活レベルを下げるチャンスでもあります。

松浦弥太郎さんの本とか読んで、

自分の最優先としてる項目を、今一度洗い出すのもおすすめです。

 

100の基本 松浦弥太郎のベーシックノート

100の基本 松浦弥太郎のベーシックノート

 
しごとのきほん くらしのきほん 100

しごとのきほん くらしのきほん 100

 

 

私は料理が好きなので、「ガスコンロ2口以上」「室内洗濯機置き」「モニター付きドアホン」を最優先にしました。

できればあった方が良いが「駅から徒歩10分以内」「オートロック」です。

 

譲ってもいいかな?と思ったのは、

「バストイレ別」、「広さ(20平方メートル以上ならOK)」、「築浅」、「2階以上」です。

 

その上で、自分の年収を踏まえて、「家賃を払うか?ローンを払うか?」の選択をします。

 

月に7万円以上払うなら終の棲家が欲しいなぁという気持ちと、

今後の人生どうなるかわからない中で、そんなローン払う気になるかな?という気持ちが、静かにせめぎ合うことになります。