本日も一服

雑だけどややていねいに見える日常を綴る。海辺とおいしいごはんと読書。そしてログ用のブログです。

アンドレアス・グルスキー展

国立新美術館は、黒川紀章さんデザインの建物です。

f:id:weekendteatime:20140812222127j:plain

ゆったりしたフォルムが美しくて大好きです。

アンドレアス・グルスキー展が開催していたので、見に行きました。

国立新美術館 THE NATIONAL ART CENTER, TOKYO

開催告知に使われたのはカミオカンデの写真です。

デジタル化が進んだ現代社会を象徴する、すべてが等価に広がる独特の視覚世界を構築し、国際的な注目を集めている

そうなのですが、

私は写真なのに絵画みたいな構図の美しさに惹かれました。

f:id:weekendteatime:20140812222433j:plain

【史上最高額の写真家】アンドレアス・グルスキー【画像集】 - NAVER まとめ

約3億円という史上最高額で落札された1枚は、

ライン川を撮影した1枚です。

日常の風景に違ったフォーカスをあてて撮影された作品の数々は、見ているうちに引き込まれ、現実なのか非現実なのかわからなくなるような気持ちになります。

初めての本格的な写真展でしたが、不思議な空間を体感できた展覧会でした。