本日も一服

雑だけどややていねいに見える日常を綴る。海辺とおいしいごはんと読書。そしてログ用のブログです。

ひなまつり

我が家の雛祭りのお人形は、祖母お手製の桐塑(とうそ)人形です。

手前にいるのは御伽犬と呼ばれています。

桐塑人形とは…このようなプロセスで作られる伝統工芸です。

桐塑人形は、江戸時代の雛人形や衣裳人形等の頭【かしら】や手足の成形技術に源流を有する伝統的な人形制作技術である。
 桐塑人形の素材となる桐塑は、桐の木粉【もっぷん】を生麩糊【しょうふのり】等で練りあげた練物【ねりもの】である。弾性と粘着性があって可塑性に富むうえに、乾燥すると堅固で木材同様に彫刻ができることから、細かい造形表現を特色とする素材となっている。桐塑人形は、まず木材を彫刻して大方の形状を成形し、桐塑の肉付けによって細かく形状を整え、胡粉塗り・和紙貼り・布貼り等の方法で仕上げる。桐塑の技術は、人形の要所要所に微妙な表情を加えながら作品の完成度を高める技法であり、優れた造形感覚と技量を要する。

桐塑人形 文化遺産オンライン

小さい頃から祖母が出展している展覧会などを見て、お人形の表情やお着物など作り手の工夫やこだわりが息づいていると思います。

f:id:weekendteatime:20140812220202j:plain

ちなみに祖母は、小さい頃の私をモデルに人形を作ってくれて、

一人だけ我が家に来てくれています。

f:id:weekendteatime:20140812220212j:plain

干支の香炉と、京都の晴明神社の土鈴とともに、

玄関を彩ってくれています。今年もありがとう☆